カラフルな雲模様

キッズもよろこぶ 手作り恵方巻き アレンジレシピ

見た目もハッピー!手作りならではの恵方巻にチャレンジ!

「福を巻き込む」という願いを込めて、今年はオリジナリティあふれる〝わが家の恵方巻〟にチャレンジ! 海鮮好きなご家庭向け、お子様と一緒に作れる恵方巻、ヘルシーな恵方巻など、手作りならではのアイデアが光るアレンジ恵方巻を特集します。

恵方巻き
教えてくれるのは・・・料理研究家落合貴子さん

栄養士免許取得後、自然食品メーカーにて栄養カウンセリングなどのキャリアを積み、フードコーディネーターとして独立。料理家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌等へのレシピ提案、栄養指導、フードスタイリングなど、幅広く活躍中。

EHOMAKI arrange recipe 01 ハッピーカラーのレインボー恵方巻

口福感でいっぱい!見た目も華やかな海鮮巻寿司

酢飯の上に交互に並んだサーモンとアボカド、いくらの彩りが美しいレインボー恵方巻です。素材それぞれの相性が良く、ひとくち食べれば濃厚なおいしさが口いっぱいに広がります♪

ワンポイントアドバイス

薄切りにしたサーモンとアボカドは写真のように交互に並べていきましょう。斜めに敷き広げるように並べると、はがれにくくなります。

薄切りにしたサーモンとアボカド

材料(1本分)

ごはん
200g
すし酢
大さじ2
<外側>
 
サーモン(柵)
100g
いくら
適量
アボカド
1/2個
焼きのり
全型1枚
<中の具>
 
ちくわ
2本
スティックチーズ
2本
にんじん
1/2本
新生姜の甘酢漬け
30g
プリーツレタス
2~3枚

作り方

  1. 飯台に温かいごはんを入れ、すし酢を回しかけ、しゃもじで切るようにして混ぜて酢飯にします。
  2. ちくわにスティックチーズを入れます。にんじんは千切りにして塩少々(分量外)を振って水気を絞ります。新生姜は千切りにし、にんじんと合わせておきます。
  3. ラップの上に焼きのりを置き、ごはんを広げたら、そのままのりが上になるように裏返します。のりの手前の方にレタス、にんじんと新生姜を合わせたもの、チーズ入りちくわの順にのせ、端から巻いてラップで包んでおきます。
  4. 違うラップを広げ、薄切りにしたサーモンとアボカドを交互に斜めに敷き広げていきます。
  5. ④の上にラップを外した③をのせて端から巻き、5分程そのままにしてなじませます。
  6. 食べやすい大きさに切り、いくらをかけて完成です。

EHOMAKI arrange recipe 03 タンパク質たっぷり!ヘルシーチキンの恵方巻

カロリーが気になる人へ!ヘルシーチキンの恵方巻

恵方巻は食べたいけれど、ちょっとカロリーが気になる……。そんな方にぴったりなサラダチキンを使ったヘルシー太巻です。明太子とチーズが味の決め手!

ワンポイントアドバイス

サラダチキンを使えば、包丁いらず、手で粗めにほぐせばOKです。チキンの下ごしらえや、調理する手間もかからず、簡単においしくいただけます。

サラダチキンを粗めにほぐせばOK

材料(1本分)

ごはん
200g
すし酢
大さじ2
<外側>
 
焼きのり
全型1枚
<中の具>
 
サラダチキン(プレーン)
1/2枚
明太子
1/2腹
スライスチーズ(チェダー)
1枚
紫キャベツ
1~2枚
プリーツレタス
2~3枚

作り方

  1. 飯台に温かいごはんを入れ、すし酢を回しかけ、しゃもじで切るようにして混ぜて酢飯にします。
  2. サラダチキンは粗く手でほぐし、明太子はラップで包んで電子レンジで1分加熱し、そのまま蒸らしておきます。スライスチーズは半分に切って、紫キャベツは千切りにします。
  3. 巻きすにのりと酢飯を広げたら、手前にレタスを置き、その上にスライスチーズ、紫キャベツ、サラダチキン、ラップを取った明太子をのせ端から巻きます。5分ほどそのままにしてなじませてから食べやすい大きさに切って完成です。

親子で学ぶ節分豆知識

親子で学ぶ節分豆知識

親子で学ぶ節分豆知識01 節分ってなに?

立春の前の日にあたる節分は、「冬が終わり、翌日からあたらしい季節(春)が始まる区切りの日」。平安時代の宮中行事であった「追儺(ついな)」が由来とされ、その後、「健康で幸せに過ごせますように」との願いを込めて厄を払い落とす豆まきの行事として庶民の間に定着したと言われています。

親子で学ぶ節分豆知識

親子で学ぶ節分豆知識02 どうして鬼なの?

鬼は昔から災害・病・飢饉(ききん)など恐ろしい出来事を起こす「悪いものの象徴」として考えられてきました。季節の変わり目に起こりがちな病気や災害を鬼に見立て、それを追い払う儀式として鬼に豆をまく風習が生まれたと言われています。

親子で学ぶ節分豆知識

親子で学ぶ節分豆知識03 豆をまくのはなぜ?

日本ではもともと豆・穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっているとされ、「魔目(まめ)」を鬼の目にぶつけることで邪気を払い無病息災を願いました。また、まいた豆から芽が出るのは縁起が悪いとされることから、豆まきには必ず炒った豆、つまり火を通した豆を使います。

※由来には諸説ある場合や、地域によって異なることがあります。



 

※一部実施していない店舗、取り扱いのない商品がございます。
※店舗により売価が異なる場合がございます。
※写真は全てイメージです。
※掲載している商品が品切れの際はご容赦ください。
※掲載している商品は、天候などにより入荷しない場合があります。
【お客様お声係】
TEL0120-017-982(フリーダイヤル)
承り: AM9:00~PM5:30 (土曜・日曜および 1/1~1/3は除く)