霧島山系の清らかな水で
鰻師たちが手間暇かけて
育てたブランドうなぎ

自然豊かな鹿児島県・霧島山系の美しい湧水と細やかな健康管理のもと、熟練の鰻師たちが手塩にかけて育てたうなぎを「焼き」と「蒸し」にこだわって、ふっくら柔らかく仕上げた「霧島湧水うなぎ」。少し甘めのタレにくぐらせて炭火でじっくり焼いた蒲焼は、独特の焼き色と香ばしさ、うなぎ本来の芳醇な旨みが溢れるワンランク上の逸品です。

妥協なき
4つのこだわり

飲めるほどきれいな
地下水で育てる

うなぎの養殖にとって、水は「命」。そのため、鰻師はまず水づくりから始めます。通年で水温・水質の変化が少なく、飲めるほどきれいな鹿児島県大隅半島の地下水を豊富に使い、さらに毎日欠かさず水質検査を実施。常に最高の養殖環境で手間暇かけて育てられたうなぎだけが「霧島湧水うなぎ」となります。

うなぎの旨みを
凝縮させる白焼

白焼とはタレをつけていない「素焼き」のこと。蒲焼の品質は、白焼が決めるといっても過言ではありません。白焼と蒲焼の工程で合わせて16個の炭箱を設け、きめ細かく炭火を使うことにより、うなぎの余分な水分と脂分を飛ばして旨みを凝縮しています。

こだわりの
4度焼き

うなぎが最もおいしく仕上がると言われるこだわりの4度焼きを採用。タレにつけて焼く工程を4度繰り返し、じっくり焼き込むことで、焼き面はパリっと、中身はふわっと柔らかく仕上げました。また、4度目の焼きは、焼きタレより甘めでとろっとした「化粧タレ」を使って艶を出しています。

−20℃以下まで
急速冷凍

〝卓越した技〟から生まれる〝伝統の味〟のおいしさをお届けするために、焼きあがった蒲焼は粗熱をとりながらゆっくりと味を浸み込ませた後、蒲焼の中心温度が−20℃以下になるまで急速冷凍。瞬時に冷凍することで鮮度と風味を閉じ込め、おいしさを損なわないまま店頭に届けられます。

愛知県・長坂養鰻場の
うなぎに限定した
生産者指定の絶品うな重

創業122年目を迎えたうなぎの老舗企業が原材料・焼きとタレ・安全性に徹底的にこだわり尽くした上質なうなぎが味わえる「愛知三河一色産鰻のうな重」。本当においしいうなぎとは何かを追求し、独自の製法でじっくり香ばしく焼き上げた蒲焼は、食べた瞬間にうなぎの旨みと香りが広がる一度食べたらクセになるおいしさ。いなげやが自信を持ってお届けするうな重をぜひご賞味あれ。

三河一色産うなぎ
3つのこだわり

産地指定・生産者限定
にこだわりました

主役のうなぎは、国産であることはもちろん、産地や品種にもこだわり、品質の安定を保つため、日本有数の鰻の産地、愛知県三河一色にある長坂養鰻場のうなぎに限定し、「一色産うなぎ」のみを贅沢に使用しています。矢作川の清流を水源に天然に近い環境で育てられた一色産うなぎは、そのおいしさから〝やわらかい三河の青うなぎ〟として有名です。

焼きタレ
にこだわりました

うなぎの美味しさは焼きで決まる!強火できつね色に丁寧に焼き付けた後、4度のタレ漬けを行い、うなぎの旨みと風味をしっかりと閉じ込め、ふっくら香ばしい蒲焼に仕上げました。タレは、愛知県らしい「たまり醤油」をベースにした特製ダレを使用。深みのあるおいしさが口いっぱいにジュワッと広がります。

安全性
への追求

おいしさと同じように安全性にも徹底してこだわりを。蒲焼は、2006年4月にうなぎ業界初の米国FDA方式HACCP と水産食品加工施設HACCP 認定制度(国内認定制度)を取得した工場で製造。原材料から加工・包装・出荷・消費に至るまでのすべての段階で安全性を確認し、お客さまに心から安心して食べていただける高い安全性を実現しています。

土用の丑の日に
うなぎを食べるのはなぜ?

「土用の丑の日」といえば、うなぎ!その由来は、はるか江戸時代まで遡ります。日本では昔から、暑さで体調を崩しやすい夏の土用の丑の日に、身体に良い「う」のつく食べ物(梅干し・瓜・うどんなど)を食べる「食い養生」の風習がありました。これにうなぎが加わった由来は諸説ありますが、その一つが蘭学者の平賀源内の宣伝文句由来説です。江戸時代、平賀源内の提案で、夏に売上げが少なかったうなぎ屋に「本日、土用丑の日」という看板を出したところ、お店が大繁盛。その後、ほかのうなぎ屋も真似するようになったことで習慣が定着したと言われています。

いなげや公式
アプリ・SNS
ぴいちゃんの
インスタグラム