お子様も大喜び!市販のスープでつくる楽うま“アレンジ”鍋

簡単にもっとおうち鍋を楽しみたい方に!市販のスープを活用した簡単鍋アレンジレシピ

ワンパターンになりがちな鍋料理も、アイデア次第でバリエーション豊かに楽しむことができます。今回は、手軽にさまざまな鍋の味が楽しめる市販の鍋スープにひと手間加えた「楽うまアレンジ鍋」をご紹介♪ 鍋料理はアレンジしやすいので、味付けや具材をいろいろと試して、自分好みのオリジナル鍋を開発してみるのも楽しいかも。

いつもの鍋とはひと味違う味付けや〆のアレンジ術

調味料4種類

調味料のちょい足しで味に変化を

同じパターンで食べ続けていると、少し飽きてしまうこともある鍋。そんな時は、家にある調味料などをちょい足しして味の変化を楽しみましょう。例えば、柚子や梅、山椒などをちょい足しすれば「さっぱり系」に、味噌やチーズ、酒粕などをちょい足しすれば「こっくり系」になります。同じ寄せ鍋でもタレを少し変えるだけで、ガラッと違う味わいに。あらかじめいろんな調味料を小皿に盛って並べておくと、ごちそう感が増して食卓が華やぎますよ♪

具材から出たさまざまなエキスをたっぷり含んだスープに、〆の麺を加えた鍋

残ったスープで〆のアレンジ

鍋料理は、〆を何にするかも重要なポイント。具材から出たさまざまなエキスをたっぷり含んだスープに、ご飯や麺類を入れるだけでも格別な味わいですが、ちょっとしたアイデアで〆もバラエティ豊かに。例えば、カレー粉を加えてリゾットやうどんを楽しむ、いつもの雑炊を醤油やポン酢ではなく黒胡椒をかけて楽しむなど〆にもこだわってみてはいかがでしょう。

激うま!アレンジ鍋レシピ

「鶏塩鍋つゆでイタリアンハンバーグ鍋」お子様の大好きなハンバーグを使った洋風鍋です!
材料(4人分)
<ハンバーグだね>
合びき肉
300g
玉ねぎのみじん切り
1/2個分
ナツメグ
小さじ1/4
こしょう
少々
パン粉
大さじ6
牛乳
大さじ6
小さじ1/3
 
白菜
1/8株
ブロッコリー
1/2株
しめじ
1パック
じゃがいも
2個
サラダ油
小さじ1
<A>
鶏塩鍋つゆ
1袋
トマトカット缶
200g
<味変>
粉チーズ、カレー粉
適量
<鍋〆>
ショートパスタ
お好みの量で
作り方
  1. ボウルに<ハンバーグだね>の材料をすべて入れ、よく混ぜ4等分の小判型に成型します。
  2. 白菜はざく切り、ブロッコリー、しめじは小房に分けます。じゃがいもは皮をむきくし切りにします。
  3. フライパンにサラダ油を敷き、①のハンバーグを焼きます。表面だけ、焼き色がつくくらいに焼いたら取り出し、同じフライパンでじゃがいもを炒めます。肉の脂を吸わせるように炒めたら取り出します。
  4. 鍋に白菜、じゃがいも、ハンバーグ、しめじ、ブロッコリーの順に入れ、<A>を入れてフタをして沸騰させます。沸騰したらフタを取って、火が通ったらいただきます(お好みで粉チーズやカレー粉をかけながら味変してもおいしくいただけます)。
ワンポイントアドバイス
おいしさアレンジポイント

トマトソースで時短!

「鶏塩鍋つゆ」の出汁は鶏のブイヨンと一緒なので、トマト缶やトマトジュースを加えるだけで、手軽ながらしっかり煮込まれた味に仕上がります。

味変アレンジポイント

カレーとトマトの相性は抜群!

インドカレーの多くがトマトベースであることからもわかるように、カレーとトマトの相性は抜群。カレーに入ったスパイスで食欲が増すメリットも。

〆のアレンジポイント

〆はパスタでイタリアン風

ショートパスタはあらかじめ茹でずに、そのまま鍋へIN。旨みたっぷりのスープを吸わせるように鍋の中で茹でていくことでおいしくなります。

「キムチ鍋の素でチーズタッカルビ鍋」チーズがとろ〜り!〆のラーメンもおいしい!
材料(4人分)
鶏もも肉
400g
玉ねぎ
1/2個
キャベツ
1/2玉~
さつまいも
1本(200g程度)
キムチ鍋の素(キューブタイプ)
2袋
ごま油
大さじ1
大さじ2
ピザ用チーズ
適量
<味変>
豆乳
適量
<鍋〆>
ラーメン
お好みの量で
作り方
  1. 鶏肉は大き目の一口大に切り、玉ねぎは薄切り、キャベツはざく切り、さつまいもは輪切りにして水にさらし、耐熱容器に入れラップをかけて1分30秒~柔らかくなるまで加熱します。
  2. キムチの鍋の素を細かく刻んでボウルに入れ、ごま油、酒、鶏肉、玉ねぎを加えて、よく混ぜ合わせます。
  3. 鍋を中火に熱し②を入れ、炒めます。鶏肉に火が通ったらキャベツを加えて、さらに炒めます。
  4. ③の具にさつまいもを加えて軽く混ぜ、2分割して真ん中をあけ、そこにピザ用チーズを入れてフタをします。チーズが溶けたらチーズをつけながらいただきます。
おいしさアレンジポイント
味変アレンジポイント

豆乳でまろやかな味に

鶏ガラベースの味がついた濃縮タイプの「キムチ鍋の素」を、水の代わりに豆乳でのばしていきます。鶏ガラスープに豆乳を合わせるとよりまろやかに風味がアップします。

〆のアレンジポイント

生麺を入れて担々風に

辛味と豆乳で坦々風の味わいが楽しめるので、〆は生麺がおすすめ。普通の麺だと煮込むうちにのびたり、くたくたになったりするので、必ず「鍋用」の生麺を選んで。

※一部実施していない店舗、取り扱いのない商品がございます。
※店舗により売価が異なる場合がございます。
※写真は全てイメージです。
※掲載している商品が品切れの際はご容赦ください。
※掲載している商品は、天候などにより入荷しない場合があります。
【お客様お声係】
TEL0120-017-982(フリーダイヤル)
承り: AM9:00~PM5:30 (土曜・日曜および 1/1~1/3は除く)