花粉のイラストとティッシュとマスク

医師が自分でやっている プロの花粉症対策

外・家・体、あらゆる場所で花粉を寄せつけない工夫を

今年もまた、いや~な花粉の季節がやってきます。
くしゃみや鼻づまりなどの症状を少しでもやわらげるには、
家に持ち込む花粉の量を少なくし、
体についた花粉をできるだけ取り除くのがポイント。
今回は、花粉症で悩むお医者さんも実践している4つの対策を伺いました。

鼻を洗浄している様子
教えてくれたのは
草花クリニック 院長
下村 智 先生

総合内科専門医。アメリカ国立衛生研究所などを経て、東京都あきる野市に総合診療の医院を開院。地域に根ざした医療を行っている。

お医者さんの花粉症対策:01

ツルツルの上着で花粉を寄せつけない

外出時は、手触りがツルツルしたナイロンジャンパーや、凹凸の少ない綿などのコートをはおって。花粉がつきにくく、簡単に落とせます。ウールなどの毛羽だった素材は、花粉がつきやすく、落ちにくいので避けましょう。
帰宅したら家に入る前に、コートをはらって花粉を落とすことも忘れずに。

コートとマスクをした男性

お医者さんの花粉症対策:02

鼻うがい3回で花粉を徹底除去する

帰宅後はすぐに、手洗い・洗顔・うがいで花粉を洗い流します。そして、重要なのが“鼻うがい”。鼻かみでは入り口付近の花粉しか落とせないため、鼻うがいで奥の「上咽頭」まで洗浄するのが大切です。
鼻の中は粘膜で花粉が落ちにくく、少しでも残っていると症状が出てしまうので、3回洗って徹底的に除去しましょう。ただし洗いすぎは禁物。朝・昼・晩の3度までにして。

鼻うがいのやり方

真水だと鼻がツーンとするので、体液と同じくらいの濃度の食塩水を使います。

①

37度ほどのぬるま湯500mlに、小さじ1杯の食塩を溶かし、先の細い容器に入れる。

※鼻うがい専用ボトルも、ネットショップやドラッグストアで安く購入できます。

鼻うがい専用ボトル
②

やや前かがみで、片方の鼻の穴にノズルを入れて食塩水を流し込む。「えー」と声を出しながら行うとスムーズに。慣れたら食塩水を、口か反対の鼻の穴から出して洗うとより効果的です。

※鼻の穴に食塩水を流し込んだら、出すまで唾をのみ込まないでください。洗浄水が耳に流れる恐れがあります。

鼻うがいをしている男性

お医者さんの花粉症対策:03

掃除は窓まわりを重点的に

花粉の主な侵入口は窓。サッシの桟に花粉がたまっていると、窓を開閉するたびに花粉が舞い上がります。こまめに水拭きを。また、網戸のそうじ、カーテンの丸洗いは、年末の大そうじではなくこの時期がおすすめです。
換気は、花粉の飛散が少ない朝や夜間に行いましょう。

窓を掃除している男性

お医者さんの花粉症対策:04

加湿器ならWの対策に

室内の花粉対策で頼りになるのが「加湿器」。花粉が湿気を含んで床に落ち、空気中に飛び散りにくくなります。湿度50~60%くらいをキープしましょう。
適度な湿度は、鼻やのどの粘膜を潤し、症状をやわらげる効果も。

プロの花粉症対策を取り入れてつらい症状を楽にしましょう!

※一部実施していない店舗、取り扱いのない商品がございます。
※店舗により売価が異なる場合がございます。
※写真は全てイメージです。
※掲載している商品が品切れの際はご容赦ください。
※掲載している商品は、天候などにより入荷しない場合があります。
【お客様お声係】
TEL0120-017-982(フリーダイヤル)
承り: AM9:00~PM5:30 (土曜・日曜および 1/1~1/3は除く)

いなげや公式
アプリ・SNS
ぴいちゃんの
インスタグラム