おもち3個

おもちのおいしさ再発見!

おうち時間や年末年始に大活躍!

おもちの魅力を引き出すプロのワザ!定番からアレンジレシピまでご紹介

モチモチの食感や、ほのかなお米の甘みがたまらない「おもち」は、
腹持ちがよく、アレンジレシピも豊富な日本人のソウルフード。お正月だけじゃモッタイナイ!
ぜひ、365日おいしく食べていただきたいという想いから、
おもちを使った定番から絶品アレンジレシピまで、プロ直伝のワザを惜しみなくお伝えします。

料亭風お雑煮

出汁からおいしい「料亭風雑煮」

料亭のような出汁でいただく上品なお雑煮です。丁寧に取った合わせ出汁とさまざまな具材の旨みが重なり合い、柚子の風味とともに奥深い味わいが楽しめます。詳しくは動画をご覧ください。

出汁の材料・分量

1ℓ
昆布
10g
かつお節
10g

出汁の作り方

  1. 小鍋に昆布、水を入れて1~2時間ほど置きます。
  2. ①を火にかけ、沸騰直前に鍋から昆布を取り出します。
  3. 沸騰したところにかつお節を入れます。30秒後に火を止め、かつお節が沈殿したら濾します。

材料・分量(4人分)

切り餅
4個
鶏肉(もも)
小1/2枚(約100g)
一つまみ
小さじ1
出汁
600ml
小松菜
2株
しいたけ
4枚
にんじん
花形に抜いたもの4枚
かまぼこ
4切れ
柚子の皮
適量
<A>
しょうゆ
大さじ1/2
大さじ1
小さじ1/3

作り方

  1. にんじんを飾り切りにします。花型に抜いたにんじんの中心から花びらのくぼみに向けて、包丁を斜めに入れていき、立体的に整えます(5カ所すべて)。
  2. かまぼこを結びにします。かまぼこを5~6ミリにスライスし、カーブの方を右に縦長に置いたら、上下5ミリのところに、互い違いに切り込みを入れます。さらに上下の切り込みの間、中央部分に切り込みを入れます(真ん中が穴になるように)。とがっていない方の端を中央の輪に入れ、さらに反対側の端を中央の輪に入れて結びにします。
  3. しいたけのかさに、包丁でV字の切り込みを3カ所入れます。
  4. 吸い地を作ります。鶏肉は一口大に切って塩、酒を振ります。
  5. 鍋に出汁、④の鶏肉、花形にんじん、しいたけを入れ、沸騰したら弱火にして10分煮ます。途中アクが出たら、丁寧に取り除き、<A>で味を調えます。
  6. 小松菜はさっと水で洗ってラップで包み、電子レンジで2分加熱したら氷水で冷まします。冷めたらラップを取り、水気を絞って根を切り、3~4センチ長さに切ります。
  7. おもちを焼きます(トースター、グリルなどで) 。
  8. お椀におもち、かまぼこ、しいたけ、小松菜を盛り付けて出汁を注ぎ、柚子の皮を散らします。

お雑煮の由来

おもちは、もともとお正月や祝い事などの「ハレの日」の食べ物で、端午の節句や桃の節句でもお供え物として使われてきました。その中でもお雑煮の歴史は古く、始まりは平安時代とされています。毎年、お正月に福を与えにやってくる年神様に供えたおもちや里芋、にんじん、大根などを、その年最初に汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりだそう。ちなみに具材や、味付けは地域によってさまざまですが、関東は角餅を使った醤油仕立てのすまし汁、関西は丸餅を使った白味噌仕立てが多いと言われます。
※本記事にある由来には諸説ある場合や、地域によって異なることがあります。

※一部実施していない店舗、取り扱いのない商品がございます。
※店舗により売価が異なる場合がございます。
※写真は全てイメージです。
※掲載している商品が品切れの際はご容赦ください。
※掲載している商品は、天候などにより入荷しない場合があります。
【お客様お声係】
TEL0120-017-982(フリーダイヤル)
承り: AM9:00~PM5:30 (土曜・日曜および 1/1~1/3は除く)

いなげや公式
アプリ・SNS
ぴいちゃんの
インスタグラム